読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SURPRISE SUNNY SMiLE

野上くんの遊び部屋

μ'sic Forever

イベント

 μ's Final Love Live 〜μ'sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪〜に行ってきて。

※身内向けです。

 

 

 

    本来この記事は個人の日記的なアレとして非公開にしていた記事の一つだったのですが、このライブの円盤が発売し、なんやかんやで公開しようかなーって思えるくらいしつこく身内オタクに迫られたので人が読める形に書き直して公開するに至りました。

 

    3/30の前日物販、3/31のDAY1、4/1のDAY2。

    3日間を通して僕はμ's Final Love Liveに行ってきた。

    ラブライブを、μ'sを好きになってから約3年間。一期の再放送で知り、4th、2期、5th、映画と様々な出来事があった。

    お金や受験、情報収集力など様々な理由でμ'sのイベントに参加できずにいた僕にとって最初で最後の生μ's。

    「やっと」という想いで胸が一杯だった。

そして約束通り身内のオタク全員と東京ドームに集まれたことがすごく幸せだった。

 

     前日物販の日、朝早くから集まり、買いたいものすらないのに待機列に並んでいつもskypeでしてるのと大差ない会話をしてる時間ですら恋しかった。楽しかった。よりにもよってこの時にはコロゥさんはいなかったのだけども。ちなみにろす君とはここが初見。

    僕は2連休を取るためにこの日バイトで行けなかったが、その後みんなが行ったであろう焼肉もすごく楽しかったであろう。あじろが泣いたとかなんとか…。それだけに行けなかったのが悔しいが、行ったら行ったで自分がまた面倒なことになってたかもしれないというのは否めない(笑)

 

    2日目。つまりDAY1はみぬす君と2人で東京ドームに向かった。ラブライブを僕に勧めてくれて、一緒にハマって、数少ない話し相手にもなってくれたのは他の誰でもないリア友の彼。その彼と共にこのライブに参加できるのはすごく嬉しかった。

    一旦秋葉原の駅で降り、人のごった返す神田明神に足を運んだ。道中、桜の花びらが舞い散り、「ぼらららのMVとリンクしている。」なんて話をしていると感慨深くなってしまった。

    神田明神では、いつもよくしてくれていたあゆさん、その場では初見のコノハサンと会う。何百人、何千人分の1人だと分かっていながらお祈りを済まして、その場を後にした。

f:id:t0nar1n-25252:20160916084112j:image

 

    徒歩で数十分歩き、会場に到着。後に「あの石」と呼ばれるようになった「昨日の場所」へとみぬす君の案内で向かった。

    どこのイベントに行っても見る背中を見つけ、失礼だとわかりつつも後ろからコロゥさんの肩に手をかけ 「こんにちは」と挨拶。既に見慣れた面々がその場にいた。

f:id:t0nar1n-25252:20160916085009j:image

    今思い出してもこんなのは笑ってしまう。そして元夜勤・現店長からこのガチャを買う。今でもこれからも現役のこのキーホルダー(本来の用途を未だに知らない。)。

f:id:t0nar1n-25252:20160918002642j:plain

    そこからいつもskypeでしているような会話をして、時間も忘れて開場時間になった。

f:id:t0nar1n-25252:20160922172009j:image

    全員でこんなことをしてからそれぞれの入り口に向かう。僕は連番相手のみゃーま君と、ぺんたろう、コロゥさんと同じ入り口から。入り口で持ち物確認。コロゥさんのバッグを笑いながら受け取ったチラシにはμ's声優ソロの活動に関する情報。そしてμ'sのこれからについてが記されていた。ベストアルバム、ソロライブⅢ、FinalのBDそれをみて大歓喜。そしてそのままドームに入る。「圧巻」以外の言葉は出なかった。人が多い。ライブ会場でよく目にする靄。空気。全てが別世界だった。「すげーー!!!」と笑い、360°見渡してから3人と目を合わせた。何も言わずに最後にコロゥさん抱き合い、拳を合わせてから2人と別れる。

    着席。1日目はみゃーま君が当ててくれたアリーナ席。3塁側…でいいのかな?2日目は僕が自垢で当てた完全見切れ席。実際見切れてはおらずただ安いのに眺めが良い席であった。

    そして…曲が流れている中待ちに待って数十分。満を持してμ'sの登場。

    そこからは夢のような時間だった。

 

    始まりの曲である「僕らのLIVE 君とのLIFE

    初めて聞いたμ's曲の「僕らは今のなかで

    μ'sをより深く好きになるきっかけとなった「夏色笑顔で1,2,Jump!」「Wonderful Rush

    アニメ挿入歌で一番好きな「これからのsomeday

    にこ!まき!えりーちか!「PSYCHIC FIRE」

    今までの人生で瞬間最大風速と言っても過言ではない瞬間を叩き出した「Angelic Angel

    ライブだから、Fullだからこそさらに輝いた「Hello,星を数えて

    とにかく可愛かった。楽しかった「?←HEARTBEAT」

    純粋な曲としてだったら同系列にて一番好きな「Future style

 

    そしてここからは本当に怒涛の曲ラッシュだった。ありえん。

    

    SDS衣装で歌い出した「それは僕たちの奇跡

    液晶に歌詞が映り、曲中ずっと涙が止まらなかった「ミはμ'sicのミ」

「Super LOVE = Super LIVE!」

f:id:t0nar1n-25252:20161226023501p:image

    えみつんの『東京ドームのみんなーーー』で涙してしまった「No brand girls

    前の曲の勢いから通された「KiRa-KiRA Sensation」

    このライブで一番楽しかった「SUNNY DAY SONG

    アンコール後1曲目、ラブライブで初めて涙した曲「START:DASH」(3話も9話も泣いた。)

     夢にまでみた「Snow halation」の落ちサビ。

    楽曲ソート2位って言えるくらいにずっとずっと好きな「きっと青春が聞こえる

    2日目にはトロッコで、ラスサビのときに目の前のあたりに来てくれて涙がありえん止まらなかった「どんなときもずっと

    言わずもがなの「MOMENT RING」発売してから1ヶ月も経たないのに思い入れが強すぎる曲。振り付け、歌詞。何から何まで好き。

 

    「僕たちはひとつの光

 

 

    正直、色々な面で見ればこれを上回るライブは少なからずあると思う。けれどもこれが1番だった。これからも1番であってほしい。そう思える彼女たちの6年間を見せてもらった気がした。

 

 

    ライブが終わってからは例の岩と近くのLaQuaの屋根の下でみんなで余韻に浸っていた。みんなで良かったところを言い合ったけど、多分みんな本当に言いたいことは言えてなかったと思う。それでも誰1人として泣かずにいることができたのは多分良かったことだなって。

 

f:id:t0nar1n-25252:20161225144128j:image

f:id:t0nar1n-25252:20161225144149j:image

    それで帰宅。

    すごく楽しい3日間でした。ありがとう。

 

 

 

     μ’sic forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪