SURPRISE SUNNY SMiLE

一瞬なんだか切なさへと 景色が揺れ動いた

第8回JPNOPEN使用構築「弱保コケコ始点マンダグロス」

JPNOPEN8thで使った構築。

f:id:t0nar1n-25252:20170926024550p:image

 

 

◇結果

3-6予選落ち

 

◇構築経緯

HB方面、HD方面問わずに固いメガボーマンダがストレスとなっていたので、そいつと取り巻きに強そうな壁+弱点保険のカプ・コケコから開始。

カプ・コケコが呼ぶカバルドンマンムーをはじめとした地面タイプを容易に崩すことができるので、その後に通しやすくなったメガボーマンダメガメタグロスを採用。後は補完みたいな感じ。

 

◇個体解説

f:id:t0nar1n-25252:20170926131032g:plain

カプ・コケコ@じゃくてんほけん

10まんボルト  めざめるパワー氷  くさむすび  リフレクター

159(108)-*-105-134(148)-95-200(252)

構築の軸。メガボーマンダに基本勝てると思っていた。まさか2段階上昇後のめざ氷を耐えるマンダが存在するとは思ってなかった。

が、別にこの子が活きなかった最大の理由はこではなく、壁を貼ったコケコに対して地面タイプが打ってくるのが地震ではなく岩石封じが主だった為。ターン管理と弱保の警戒の意図でのこと。

こだわりスカーフを持ちながら地震で突破されることをケアする為に、ランドロス入りに出していたメガ枠は下のマンダ。

 

f:id:t0nar1n-25252:20170926131054g:plainf:id:t0nar1n-25252:20170926131114g:plain

(スマホ版の為に縮んでもらった。)

ボーマンダ@メガストーン

すてみタックル  りゅうのまい  はねやすめ  みがわり

201(244)-166(4)-150-*-110-189(252)

ランドロス入り、バシャーモ入りに出していた方のメガ枠。ジャローダに蛇睨みを入れられると蕁麻疹が出てくる為陽気での採用。1舞することで準速のスカーフゲッコウガも抜ける。

バシャーモがちょくちょくめざ氷を採用し始めており、調整や変更の余地あり。

 

f:id:t0nar1n-25252:20170926131145g:plainf:id:t0nar1n-25252:20170926131205g:plain

メタグロス@メガストーン

アイアンヘッド  しねんのずつき じしん れいとうパンチ

171(124)-182(132)-170-*-130-181(252)

基本的に出すのはこっち。ガルミミ軸やマンダ軸はこっち。

試運転時はガブ抜きまでSを落としていたがミラーが多かったので最速にした。結果高速移動メガメタグロスに怯み殺された。

リフレクターが残っていることも少なくないので鬼のような物理耐久を見せたこともある。 

 

f:id:t0nar1n-25252:20170926131415g:plain

ウルガモス@こだわりスカーフ

オーバーヒート  めざめるパワー氷  ほのおのまい とんぼがえり

161(4)-*-85-205(252)-125-152(252)

テッカグヤエアームド等後出しされるような浮いてる鋼への打点に乏しかった為に採用。コケコは基本的に使い捨てる為、カグヤ達へは他に強い枠が欲しかった。

コケコを初手に出しにくい時、ジャロ入りやコケコ入りに対して初手に投げる枠でありながら、スイーパーとしての役割も持たせている。

コケコ(壁)+メガマンダ(積みメガエース)+ガモス(積み+Z)の壁展開偽装に見える為かスカーフでの不意打ちがしやすかった。

 

f:id:t0nar1n-25252:20170926131441g:plain

ミミッキュ@フェアリーZ

じゃれつく かげうち つるぎのまい のろい

151(164)-143(156)-124(188)-*-125-116

カバルドンマンムーを飛ばした後に活躍しやすく、Z+行動保証も持ちつつ、呪いによる壁やバトン系統への解答として採用。

展開形と当たらなかったです。

 

f:id:t0nar1n-25252:20170926131602g:plain

マンムー@きあいのたすき

つららばり じしん こおりのつぶて ステルスロック

 185-200(252)-100-*-81(4)-132(252)

電機の一貫を切りつつ、ボーマンダに強め。初手に雑に投げても負担を与えることができたり、重めの砂パに対して出す為に採用。

 

◇重いポケモン

メガリザードンXバシャーモ etc...f:id:t0nar1n-25252:20170926141612p:plainf:id:t0nar1n-25252:20170926141622p:plainf:id:t0nar1n-25252:20170926141628p:plainf:id:t0nar1n-25252:20170926141635p:plain

Sを上げてくるタイプの炎枠。バシャーモは先述の通りめざ氷を搭載するタイプが増えたのでボーマンダが負けたりする。

 

パルシェンf:id:t0nar1n-25252:20170926141656p:plain

グロスの選出を強要される。ミズZならそのまま一貫して負け。実際にオフでもZダイビングパルシェンに分からされた。

 

・雨展開f:id:t0nar1n-25252:20170926141914p:plainf:id:t0nar1n-25252:20170926141930p:plainf:id:t0nar1n-25252:20170926142049p:plainf:id:t0nar1n-25252:20170926142100p:plain

水が一貫している為、当たり前に重い。

ラグラージ入りの方が厳しい。コケコトノ対面は結び安定。

 

◇感想

軸である弱保コケコ+マンダグロスの手応えはあったが、パーティ構築に回す時間を割かずに満足いく出来に仕上げられなかった為反省。

 

☆Special thanX

対戦して頂いた皆様

当日バンクの為にWi-Fiを貸して頂いたJPNさん

JPNさんをはじめとされた運営スタッフ陣の皆様

 

 

何かあればTwitter@NogamiTonaliまで