S11使用構築「ゲコマンダ」

S11に使用した構築。

f:id:t0nar1n-25252:20180904161616p:image

 

◇結果

最高1884

最終1742

 

◇構築経緯

最近結果を残していた襷激流ゲッコウガに興味を持っていた。その中で準速のゲッコウガは最速以上のゲッコウガ相手に後出しジャンケンが出来るため、そこに魅力を感じた為そこからスタート。

 

◇単体解説

f:id:t0nar1n-25252:20180904162931g:plain

ゲッコウガ@きあいのタスキ<げきりゅう>

ねっとう / こごえるかぜ / みずしゅりけん / とんぼがえり

147-116(4)-81-162(252)-93-174(252) おっとり

構築の始点。蜻蛉返りを採用している事とDL対策でおっとり。

相手のカプ・コケコには熱湯、ゲッコウガには下から蜻蛉返り、ミミッキュには熱湯→水手裏剣or水手裏剣×2、ボーマンダリザードンには起点回避の凍える風。と環境にいる大体の相手に動いていける。苦手な硬い水枠(カプ・レヒレスイクンetc...)には蜻蛉返りをして裏のカプ・コケコかカミツルギに繋いでいた。

 

f:id:t0nar1n-25252:20170926131054g:plainf:id:t0nar1n-25252:20170926131114g:plain

ボーマンダ@ボーマンダナイト<いかく>

ハイパーボイス / りゅうせいぐん / かえんほうしゃ / みがわり

171(4)-*-100-162(252)-100-167(252) おくびょう

171(4)-*-150-172(252)-110-189(252)

エース。ゲッコウガが通常よりも遅い為、速い個体を採用。個人的に速いボーマンダは火力指数よりも範囲を広げた方が制圧力が高いと考えているので特殊型になった。

受けループへの勝率も非常に高くなったり、今期は流星群を当てればボーマンダミラー負けなしと非常に使い心地が良かった。

 

f:id:t0nar1n-25252:20170926131032g:plain

カプ・コケコ@デンキZ

ワイルドボルト / とんぼがえり / どくどく / はねやすめ

151(44)-147(92)-106(4)-*-117(172)-192(196) ようき

下記の記事と同じ個体(リンクは無断の為、問題があれば削除します。)

ラストチャレンジ使用構築(決勝トーナメント2落ち) - バンギの飼い猫レパルダス

上記の二体では指数受けへの崩しの手段がない事、初手の有利対面をつくる他に、硬い水枠・相手のゲッコウガからのゲッコウガの引き先として採用。

同時に元記事にあるようにポリクチミミガッサのような並びにも強くなれた。

 

f:id:t0nar1n-25252:20180904163335g:plain

カミツルギ@こだわりスカーフ

リーフブレード / スマートホーン / せいなるつるぎ / はたきおとす

135(4)-235(100)-155(28)-*-75(188)-153(188) いじっぱり

D:161Zハイドロポンプ確定耐え(111~132)

 147EF下眼鏡10まんボルト確定耐え(111~132)

 200PF下サイコキネシス確定耐え(102~200)

硬い水枠相手に強引に出せる事とそのまま裏にはたきおとすで圧力をかけていき、2サイクル目を回させない、と言う点が強かった。そのままスイーパーとしての性能も高い。強い。

初手ゲッコウガカプ・テテフ対面では眼鏡サイコキネシスは撃たれないので、とんぼ返り(S判定)⇒カミツルギ出しという動きを積極的に行っていった。

 

f:id:t0nar1n-25252:20180904163636g:plain

ミミッキュ@ミミッキュ

じゃれつく / かげうち / のろい / つるぎのまい

151(164)-143(156)-124(188)-*-125-116 いじっぱり

abミミッキュ

バトン系統をはじめとした積み展開へのストッパー。そしてカミツルギと合わせて出されたくないオニゴーリへの圧力、対処をしてもらった。特殊型ボーマンダは火力がないのでその補強も行える呪いは非常に便利だった。

 

f:id:t0nar1n-25252:20180123124512g:plain

カバルドン@イアのみ

じしん / こおりのキバ / ステルスロック / ふきとばし

212(228)-132-171(140)-*-110(140)-67 わんぱく

補完として採用したカバルドン。メガリザードンYの大文字を耐える一般的な奴。

ボーマンダに舞われたりすると面倒だったり、スカーフ霊獣ランドロスをよく見たので欠伸ではなく氷の牙を採用した。

 

◇重いポケモン

・硬い水枠(アシレーヌカプ・レヒレスイクン)+地面枠(カバルドン、霊獣ランドロス

うまくカプ・コケコの毒を使って裏の地面枠ごと削っていき、カミツルギボーマンダで一貫を取りたい。

 

フシギバナバンギラス

ゲッコウガ受けとして採用しやすいフシギバナ。そしてそのフシギバナと相性のいいバンギラスの並び。一貫するポケモンがこちらにはいない上にフシギバナで詰まないようボーマンダの選出が強要されるも、バンギラスに打点がない。マジで辛かった。カミツルギでどうにかした。