断捨離

 

 

先日Macbook Airを購入しました。コロナで遊び行けなくてお金も少し余裕ができて給付金もあるし、ボーナスも入るだろうし。

 

(買ってから社会人2年目6月から税金マシマシという事を思い出しました。)

 

で、折角なので部屋の掃除&リフォームをする事に。

 

人間やりたい事があるって素晴らしい。生きる活力湧いてきますね。

 

f:id:t0nar1n-25252:20200604021900j:image

 

↑一通り物を捨てた後。(整理はしてない)

 

f:id:t0nar1n-25252:20200604021920p:image

 

↑マイクラで再現した感じ

 

自分が整理苦手なのもあって下の勉強机はフィギュア撮影台としてしか機能してなく、パソコン開くのも梯子のベッドの上。Switchも。まぁまぁ不便。(酒飲むのもベッドの上。)

 

そもそもの話、勉強机って正しい姿勢で座る事前提の構造をしてるから、ダラっとグダっとしたい時には不向き。

学生の身分でもなく、日常的に真面目な勉強とは程遠い生活を送ってるので、これを機に机を下ろす事にしました。

 

で、現状はさっきの写真の状態。

 

こっからはマイクラで理想像を。

 

f:id:t0nar1n-25252:20200604022701p:image

f:id:t0nar1n-25252:20200604022816p:image

 

ベッドを下ろし、向かいの壁にローテーブル。モニターも設置して大きな画面でSwitchやりたい。

そのモニターでMacbookのデュアルモニターで作業したい。

 

ちなみにpcと繋げることができれば、TTFCやdアニメ、アマプラをベッドに横たわって視聴できる。神?

 

ついでにローテーブル用の背もたれ付きのビーズクッション。

これら全部購入済み。テーブル以外はすぐ届くっぽい。

 

 

「何かを得るには、何かを捨てなきゃ?」

 

という事で勉強机を撤去するにおいて勉強机の収納にしまってた細々したグッズや本の居場所の確保。

 

そんな広い部屋じゃないので限度もあるので、ここでタイトルにあるような「断捨離」を生まれて初めてしました。

 

断捨離とは

ーーーやましたひでこさんが提唱している片付け論です。 執着を手放すヨガの「断行」・「捨行」・「離行」という3つの考え方を日常の片付けに応用したもの。 つまり、不要なものを捨てて増やさない、物に執着をしないで身軽に生きることを目指す考え方。

 

僕は非常に物に執着を持つ人間です。

 

 

自分で買った一度も開けてないグッズは、買った時の思い出を。

 

嬉しい事に人から頂いた物は、くれた時のその人の想いを。

 

そう考えるとマジで捨てられない。

勉強机も邪魔とは思うけど本当は捨てたくない。学生時代ずっと座ってたし。

亡くなった祖母からのお小遣いが入ってた直筆メッセージ付きの袋とか、

誕生日にオタクからもらったメッセージ付きのUOの袋とか、

小さい頃両親が買ってくれたもう壊れた仮面ライダーのフィギュアとか。

 

今挙げたものに該当するのは捨てられていません。

 

けどそこまでに至らないけど、っていうものたちは今回を機に手放しました。

 

ゴミ袋に詰めてゴミ置き場に置いてきて、後悔がないって訳じゃないですけど。

 

今までそういった理由で捨てる事を躊躇ってたし、捨てる人は心がない!ミニマリストってなんやねん!くらいに思ってました。

が、手放すとそれらに関しては心のつっかえが取れた気がします。

 

やり切った時の清々しさ。

 

これが断捨離だと気付きました。

やっぱり何もやらずにイメージで語るのは良くないですね。

ただ、自分にはまだ重いのでバンバン断捨離なんていうのはできそうにないです。踏ん切りの付け方はなんとなく分かった気がします。

 

 

捨てるのが苦手って言う人。いると思います。

ランク付けした時に「自分が捨てない中での1番下のランクの物」から手放してみると、新しい一歩が踏み出せるかもしれないですよ。