SURPRISE SUNNY SMiLE

野上くんの遊び部屋

このブログについて

 

◇このブログについて

野上って人がポケモン仮面ライダーと行ったライブについて話すブログ。

 

◇実績

第33回シングル厨 ミドルリーグベスト4

第6回マユカス杯 優勝

第4回ちょくおふ ベスト16

第2回からきおす杯 ベスト8

WBF ベスト16

その他予選落ちとか多数

ブレイブ&スナイプ 感想

ネタバレあり。

読むのは自己責任で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

や、めちゃ面白かった。

電王トリロジー赤みたいなラブロマンスを予想してたけど、飛彩と大我のドクターとしてのヒーロー物になってて個人的に満足。

 

ストーリーは黎人の計画に巻き込まれる2人に焦点を当てたもの。

黎人の計画のステップの一つであるクロノスの力を得たクロニクルガシャットを手に入れる為に、小姫ちゃんを絡めて大我と飛彩を巻き込むやり方は相も変わらず卑劣。リセットとかを利用してくるあたりやっぱ高橋さんはこういうの上手い。

 

八乙女先生?はなんか初見で「あ、こいつ悪役だな臭」がすげぇしてた。

父親もドクターだったと言っていたけど、おそらくは既出の登場人物なのかなーと。けどエグゼイドの登場人物ってかなり少ない方だし、結構家族関係描かれてて、よく分からない。

 

飛彩先生について。やっぱり引き摺ってたんだね。けど、本当に最後の最後で前に進めたのは嬉しい。あの日以降お互い本音で話せる時がくるとは。早姫ちゃんはもうこれで完全に消滅しちゃったっぽいよね。

プロトガシャットにロックされてたデータを解除→そのまま消滅ってなってたし。グラファイトが復活すればワンチャンあるのかな?

 

大我は「相変わらずお前はもう…」って感じ。褒め言葉です。

ニコちゃんのことを庇う為に「ただのバイトだ」とか強がっちゃったり。

ただ、ニコちゃんの「私らしくないかな?」って問いに口を噤んだのは多分「ニコちゃんらしくない」って思ってるのかなーとは思った。そこは嘘でも否定して欲しかったけど2人の間にはそんな嘘通用もしないんでしょうねぇ。

早姫ちゃんを助ける理由に関しては、聴いた瞬間泣きそうになっちゃった。

「俺が生きてるのはお前が恋人を諦めたからだ!」

本編でも大我を救った飛彩先生の涙を見たときはこっちも涙させられてたし。いやはや。

その為に二年間ずっとクロノスの力を手に入れようとしてたなんて、何て義理堅い奴なんだ。(それを利用しようとしてる黎人は何て卑劣なんだ。)

 

ニコちゃん、キミも自分の在り方を改めて考えたんだねぇと。まさか本当にアメリカ行くとはと思ったけど。ルークとの約束の為というよりは「ニコらしさ」を求める為に行ったんだろうね。頑張れ。後最初に髪結んでる時すげぇ可愛かった。

 

この3人に関しては飛彩も大我もニコも、登場した時から何一つ根幹となる部分は変わってないんだなぁと。

早姫ちゃんの為になると周りが見えなくなってノーセンキューだとか、

失う物は何一つないから仮面ライダーは俺1人で十分だとか、

ゲームが好きとか。(ニコちゃんだけ雑なのは許して。)

そんなバラバラな人たちが利害の一致で手を組んで壇正宗と戦ったのがエグゼイドのテレビ本編だったんだと思いました。

そういう意味では黎人も一緒。利害の一致で手を組んでたけど、目的であるXを遂行する為にあらゆるものを利用したりとか。

 

今回はここまで。簡潔だけど自分の考えをまとめたかった。

タイミングを見計らってパラドクスwithポッピーも観に行きます。すげぇ楽しみ。

 

 

 

何かあればTwitter@NogamiTonaliまで。

[単体考察]バトルオブシンオウのドラピオン

バトルオブシンオウにおけるドラピオンの考察。

続きを読む

S7使用構築「バシャパルカグヤ」

シーズン7で使用した構築。

自己最高レート更新しました。

f:id:t0nar1n-25252:20180122092304p:image 

続きを読む

JPNOPEN9th使用構築「サトシゲッコウガ入りライボランド」

f:id:t0nar1n-25252:20180109125838p:image

JPNOPEN9thで使用した構築。

サトシゲッコウガ入りの特殊ルールです。

続きを読む

単体考察「使い捨てズガドーン」

下書きに残ってたので更新。

続きを読む

竜王戦使用構築「ナマコグラードン+トリックルーム」

f:id:t0nar1n-25252:20171203203528p:image

公式インターネット大会の第三回竜王戦で使った構築。

一部USM本編のネタバレが含まれているのでその辺は自己責任でお願いします。

続きを読む